45歳~簡単ご飯メモ

【神州一味噌 Wスープ春雨 減塩】を利用した感想

※当ブログは、アフィリエイト広告を利用しています。

Wスープ春雨

今回はインスタントスープメモとして、【神州一味噌 Wスープ春雨 減塩】を利用した感想を簡単に書き留めておきます。

内容は以前購入したひかり味噌【選べるスープ春雨】との比較になります。

Wスープを意識せずに購入した結果

袋入りのインスタント春雨スープは自宅にあると便利なので、前回とは異なる【神州一味噌 Wスープ春雨 減塩】を選んでみたのですが、パッケージに記載されたWスープについては特に意識せずに購入したところ。。。

Wスープ春雨のスープ

粉末と液体の2種類のスープ構成となっており、この時ようやくWスープの意味を知りました。

ここからは以前利用していたひかり味噌【選べるスープ春雨】との比較になるのですが、ひかり味噌は粉末スープが1袋で、種類によってスープはもちろん中の具材も異なっていて非常に便利でありました。

今回購入した【神州一味噌 Wスープ春雨 減塩】は、液体スープこそ異なるものの、粉末ソースに関しては全て共通のため、ひかり味噌のようなささやかな具材の変化が感じられないのが個人的には少々残念に感じてしまいました。

加えてひかり味噌では1回で済んでいたスープの投入が、【神州一味噌 Wスープ春雨 減塩】では2回も行わなければならない事に面倒臭さを感じてしまい。

そんなんで今後春雨スープを購入する際はスープが1回で済むものを選びたいと思い、今回書き留めてみた次第であります。

Wスープ春雨 減塩『鶏がら』で卵スープを作ってみた

卵スープ

いくら減塩と言えども、パッケージ記載のお湯の量では塩っぱさを感じると思い、ひかり味噌の春雨スープの時と同様、小鍋に倍量の水を入れて沸かして作りました。

今回春雨は使わず、Wスープと溶き卵と乾燥わかめを入れただけの手軽さです。

ちなみにスープは5種類となっております。
・ほたて
・坦々風
・鶏がら
・白湯風
・コク醤油

まだまだ寒さが続くので、坦々風あたりは一人鍋用のスープとしては役立ちそうかと感じております。


宮坂醸造 Wスープ春雨 減塩 10食×6袋

豆腐とネギとマッシュルームの炒め物【豆腐と白ネギの炒め物(削り節入り)】簡単料理と献立前のページ

カネカ【割烹釜めしの素 さつまいも】を利用した献立と簡単料理次のページ割烹釜めしの素さつまいも

関連記事

  1. ゆのたに 国産きのこ炊き込みご飯の素

    45歳~簡単ご飯メモ

    ゆのたに【国産きのこ炊き込みご飯の素】を利用した献立と食べた感想

    スーパーでゆのたに【国産きのこ炊き込みご飯の素】が半額の199…

  2. じゃがいも・人参・麸の煮物

    45歳~簡単ご飯メモ

    【じゃがいも・人参・麸の煮物】簡単料理と献立

    【じゃがいも・人参・麸の煮物】を作ってみました。ジャガ…

  3. 豆腐とキャベツの卵とじ

    45歳~簡単ご飯メモ

    【豆腐とキャベツの卵とじ】簡単料理と献立

    【豆腐とキャベツの卵とじ】を作ってみました。鍋にカット…

  4. にんにくのスープ

    45歳~簡単ご飯メモ

    【にんにくのスープ】簡単料理と献立

    【にんにくのスープ】を作ってみました。オリーブオイルで…

  5. 豆腐と卵の炒めもの

    45歳~簡単ご飯メモ

    【豆腐と卵の炒め物】簡単料理と献立

    【豆腐と卵の炒め物】を作ってみました。ゴマ油で木綿豆腐…

  6. 豆腐と白ネギの炒め物

    45歳~簡単ご飯メモ

    【豆腐と白ネギの炒め物】簡単料理と献立

    【豆腐と白ネギの炒め物】を作ってみました。フライパンに…

最近の記事

  1. ナスとレタスの生姜醤油炒め
  2. ウインナー・パプリカ・キャベツのコンソメ炒め
  3. トウモロコシのキッシュ
  4. 徳島県の土産

アーカイブ




  1. キャベツ・椎茸・ナスのツナ炒め

    45歳~簡単ご飯メモ

    【キャベツ・椎茸・ナスのツナ炒め】簡単料理と献立
  2. レトルトパスタソースで作った野菜スープ

    43歳~簡単ご飯メモ

    レトルトのパスタソースで作る野菜スープ☆簡単料理と献立
  3. キャベツと玉ねぎのオイルサーディン炒め

    48歳~簡単ご飯メモ

    【キャベツと玉ねぎのオイルサーディン炒め】簡単料理と献立
  4. トマトと大葉のサラダ

    45歳~簡単ご飯メモ

    【トマトと大葉のサラダ】簡単料理と献立
  5. 大根と鮭フレークの煮物

    47歳~簡単ご飯メモ

    【大根と鮭フレークの煮物】簡単料理と献立
PAGE TOP